バーコードデータコレクタAndroidアプリ「KUNOICHI」をリリース

0

    JUGEMテーマ:システム開発

     

     本日、TRLを利用していないAndroidアプリ「KUNOICHI」をリリースしました。

    http://trl.main.jp/kunoichi/

     

    はっきりいって、TRLは全然関係ありません^^;

     

    簡単にいうと、「データコレクタ」です。

    「SHINOBI」の機能変更版として開発しました。

     

    (1)棚番などの場所のバーコードを読み取る。

    (2)商品のバーコードを読み取る。

    (3)数量をテンキーで入力する。

     

    という流れになり、(2)〜(3)を繰り返してデータ収集を行うという流れになります。

    また、登録履歴一覧から、読み取ったデータの数量修正や削除が行えるようになっています。

    収集したデータは一旦データベースに格納され、そのデータをテキストファイルに出力します。

    作成したデータファイルは一覧表示され、メールに添付して送ることができます。

     

    読み取りエンジンは「SHINOBI」と同様で、オートフォーカスやフラッシュ点灯、中心のバーコードを確実に読む、TARGET機能も持っています。

     

    「SHINOBI」はWindowsPC用のバーコードリーダーでPC側のプログラムも必要でしたが、「KUNOICHI」は単独で動作します。

     

    ハードウェアとしてのデータコレクタには、読み取りレスポンスはかなわないかも知れませんが、無料で使用でき、メールで収集データを送信できるというメリットがあります。

     

    もう一度いいますが、TRLは全く使っていません・・・

     


    コメント
    コメントする