バーコードデータコレクタAndroidアプリ「KUNOICHI」をリリース

0

    JUGEMテーマ:システム開発

     

     本日、TRLを利用していないAndroidアプリ「KUNOICHI」をリリースしました。

    http://trl.main.jp/kunoichi/

     

    はっきりいって、TRLは全然関係ありません^^;

     

    簡単にいうと、「データコレクタ」です。

    「SHINOBI」の機能変更版として開発しました。

     

    (1)棚番などの場所のバーコードを読み取る。

    (2)商品のバーコードを読み取る。

    (3)数量をテンキーで入力する。

     

    という流れになり、(2)〜(3)を繰り返してデータ収集を行うという流れになります。

    また、登録履歴一覧から、読み取ったデータの数量修正や削除が行えるようになっています。

    収集したデータは一旦データベースに格納され、そのデータをテキストファイルに出力します。

    作成したデータファイルは一覧表示され、メールに添付して送ることができます。

     

    読み取りエンジンは「SHINOBI」と同様で、オートフォーカスやフラッシュ点灯、中心のバーコードを確実に読む、TARGET機能も持っています。

     

    「SHINOBI」はWindowsPC用のバーコードリーダーでPC側のプログラムも必要でしたが、「KUNOICHI」は単独で動作します。

     

    ハードウェアとしてのデータコレクタには、読み取りレスポンスはかなわないかも知れませんが、無料で使用でき、メールで収集データを送信できるというメリットがあります。

     

    もう一度いいますが、TRLは全く使っていません・・・

     



    PC用バーコードリーダーAndroidアプリ「SHINOBI」をリリース

    0

      JUGEMテーマ:システム開発

       

       昨日、TRLを利用したAndroidアプリ「SHINOBI」をリリースしました。

      http://trl.main.jp/shinobi/

       

       普通のハードウェアとして売られているバーコードリーダーは、USBケーブルで接続しますが、「SHINOBI」はAndroid端末のカメラで読み取ったバーコード値を、WLAN経由でPCへ送り込みます。

      WindowsPC側には専用プログラム(SHINOBI Server)のインストールが必要になります。

      「SHINOBI Server」は、受け取ったバーコード値を、クリップボード経由で、アクティブなウインドウに貼り付けた後、そのウインドウ周辺のスクリーンイメージをキャプチャして、Android端末へ返し、Android側では、それを画面に表示します。

       

      ハードウェアとしてのバーコードリーダーには、読み取りレスポンスはかなわないかも知れませんが、ケーブルレスで作業できるというメリットがあります。キャプチャイメージが端末上に表示されるので、ちゃんと入力されているか確認できる点も大きなメリットです。

       

      「SHINOBI」内で使用している、TrlServerLibとTrlClientLibは配布しているものではなく、英語と日本語対応の為、「SHINOBI」用にカスタマイズされています。配布しているものは、日本語対応オンリーとなりますので、ご了承ください。



      TrlServerLib Ver1.0.0.0の公開

      0

         昨日予告しておいたとおり、TrlServerLibのVer1.0.0.0をリリースしました。

        変更内容としては、起動時ダイアログを表示しないようにしただけです。

        これで少し使いやすくなったかと思います。

         

        TrlClientLibは、そのままVer0.0.0.0をお使いください。

         

         

        JUGEMテーマ:システム開発



        TrlClientLibのAndroid版(Ver0.0.0.0)を公開

        0
          JUGEMテーマ:システム開発

           ようやくAndroidのライブラリが出来上がりました。
          Androidはいろいろな端末があるので、かなり不安な点もありますが、公開したいと思います。
          Android Studioの使用については初めてなので、はたしてこのやり方で正解なのかわかりませんが、一応、私のスマホでは動くアプリが作れています。ぜひ、チャレンジしていただき、おかしなところがあったらご指摘ください。

          Android版に限らず、ホームページ上で使い方を解説していますが、あらためてみてみると非常にわかりにくいですね。^^;
          今はちょっと余裕がないので、時間が取れるときがきたら、すこしずつ改善していきたいと思います。
          いつになるかわかりませんが・・・
          現在、WindowsCE版を開発中です。業務用ハンディターミナルではおなじみのOSなので、これはなんとしてもサポートしたいところです。まずはこちらが優先事項。

          まだどなたも使っていないと思われるTRL・・・
          本業の狭間での開発ですが、コツコツとマルチプラットフォーム化に邁進していきたいと思っています。
          ホームページの改善はそのあとということになりそうです。


          TRLとExcelによる入出庫イメージサンプルを公開

          0
            JUGEMテーマ:システム開発

             Excelのサンプルをこちらに公開しました。 前回、在庫管理システムと書いていますが、そんな大げさなものではありません。
            入庫・出庫登録によって、在庫数を増減するだけのものですが、ExcelのVBAで社内ツールなどをゴリゴリと作っている方には、TRLが、ひとつの通信手段、またはデータ共有手段として使えるということがお分かりいただけるのではないかと考えています。
            インストールなどありますので、若干お手間をとらせますが、この機会にぜひ、TRLで出来ることを体験してみてください。

            << | 2/3PAGES | >>